モテ香水の選び方と使い方

日本語ではひとくくりで香水と言いますが、4種類もあります。液の濃さで分類されていて、濃い順にパルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロンとなります。

持続時間が異なりますので、長時間のデートなどで長く香らせたい場合は持続時間が長いものが向いています。オーデコロンは1時間程度しか香りが持ちませんので、つけ直しが必要です。

 

香水初心者におすすめなのはお手頃な価格のものも多いオードトワレです。みずみずしく優雅な香りがほのかに香ります。メーカーによっても香りの濃さが違いますが、キツいと感じることはないでしょう。

職場からデートまで、幅広く対応できるのが特徴です。

 

筆者は、せっかく香水をつけるのならちゃんと香りがしてほしいと思います。でも、世間には香水の香りを臭いと感じる人が多いのも事実です。あなたのつけた香りが原因で異性を遠ざけてはもったいないですね。

香水初心者は、香りが強くなる上半身にはつけないようにしましょう。筆者のおすすめはハンカチにつけておくことです。手を拭く時に香りが手に移って気持ちが晴れやかになります。

 

私が主に使っているのは、ランコムトレゾアインラブです。オードパルファムです。かわいい控えめな香りで、使いやすいですね。モテ香水として人気が高いのも頷けます。

 

香水を初めて購入する時は、化粧品会社から時おり販売される限定ミニキットがおすすめです。少しずつ多くの香りがお試しできますので、自分に似合う香水を選ぶことができます。

あなたの選んだ香水の力で素敵な異性がゲットできますように!

初心者さんにおすすめの香水の選び方

モテ香水、芸能人ご用達など、さまざまな香水があって選ぶのに迷いませんか。香水初心者や普段あまりつけない方は、選ぶだけで大変だと思います。

では、どのように香水を選んだらいいのでしょうか。

 

香水は何のためにつけますか。目的をはっきりとさせて選びましょう。目的がはっきりしていないと、店員さんもアドバイスのしようがありません。

 

たとえば、自分がリラックスしたい、気合を入れたい、リフレッシュしたい、彼にモテたい、かわいらしさを演出したい、など目的があると思います。

かわいらしさを演出したいならフルーツ系やスイートなフローラル系、リフレッシュしたいなら柑橘系など、目的によって最適な香りが違います。

 

彼にモテたいといっても、つけるのは本人なので、自分好みの香水でなければつけていて不快です。

好きでない香りの香水では、次第に使用することもなくなってしまうことでしょう。

 

自分好みの香りかどうかの判断は実際に匂いを嗅いで確かめます。

自分の好みの香り、香水を使用する目的を店員さんに伝えて、いくつか香水を選んでもらって匂いを確かめます。

 

1度に試す香水は3~4種類までです。いろいろな香水を嗅いでいると嗅覚がマヒしてきて、正しく香りを認識することができなくなります。

 

香りを確かめる方法には、自分につける方法とムエットを使用する方法があります。

自分につけた場合は、いろいろな香りが混ざってわかりにくくなりますが、体臭との混ざり具合がわかります。ムエットの場合は、他の香りと混ざらないメリットがありますが、体臭との混ざり具合がわかりません。どちらもメリットとデメリットがあります。

 

慎重に選んでも失敗することがあります。失敗してがっかりしないように、ミニボトルで購入するのもよいでしょう。


関連記事