ドキドキ…初めての香水!

初めて香水を購入する時、どんな香水を買ったらいいか分からないですよね。

まずはネットで下調べ!がいいと思います。今流行っている香水、タレントさんやモデルさんがつけている香水、恋が叶うと言われている恋コスメの香水などなど…

 

目星を付けたら香水が売っているショップに直接行きます!

ネットショッピングでもいいですが、香りを直接嗅いでみないとやっぱり好みの香りかどうかは分からないですからね!

 

ショップで目星を付けた香水を試してみます。

テスター用の香水の前に細長い紙があるので、それに吹きかけて香りを試します。

 

あまりたくさん試すと香りが分からなくなったり、気持ち悪くなったりするので事前に目星を付けて行くのは重要です!

 

いくつか試してみて自分の好みの物を決めるのもいいですし、店員さんと話すのが苦でなければ相談してみるのもいいと思います。

香水のショップの店員さんてギャルの方が多くて恋多きイメージなので、気になる人がいていい香りがすると思われたくて…なんて相談するのもいいかも!?

 

お気に入りの香水を購入したらさっそく付けてみましょう!

香水を付ける位置は首がつくところがいいとされています。

 

首、手首、足首など…

香水の香りは上へ上へとと上がってくるので夏は足首につけましょう。

 

夏は匂いがきつく感じやすいので量にも気をつけて下さい!

ふわっと香らせたい時は空中に香水をシュッと吹いてその中を通るといいですね。

 

がっつり香水の香りがするのが好きじゃない男性もいるので、このやり方がオススメです。

気になる彼にいい香りがすると思われますように…

初めて香水を選ぶ時のポイントとは

女性で初めて香水を付けるという方は、膨大な種類がある商品の中から何を選べば良いか迷うものです。

香りは異性へのアピールにも大きく関わるものですから、香りで惹きつける効果も大きく失敗したくないものと言えます。

 

漠然と臭いを嗅いだだけで香水を選択するのは失敗の元であり、肌に付けた場合はテスターで嗅いだ香りとは違った状態になるからです。

体質や肌温度により臭いは変わりますから、香水は蓋を開けて漠然と臭いを嗅ぐのではなく、体温が高い手首に付けて判断する事が有効になります。

 

ここで手首に付けた香りで判断を下すのも時期尚早であり、香水の香りと言うのは付けた瞬間からずっと臭いが一定なわけではなく、まずは最初に付けた時に来る強い臭いがあり、そこから10分程度経過した時に最もバランスの良い香りになります。

最後には残り香と表現される臭いがありますから、大体の目安としては付けてから2時間程度の推移をチェックする事が望ましいです。

 

香水の種類によっては香りの持続時間や濃度が違いますから、その辺りもチェックした上で選択する事が必要になります。

香水を4つに区分する事が一般的であり、オーデコロン、オードトワレ、オーデバルファン、バルファンがあるのですが、オーデコロンは2時間程の香りの持続性があり、最も安価で強い臭いを求めない方に有効です。

 

オードトワレはオーデコロンよりも少し持続時間が長く、3時間程が目安位になるものですが、最も多い主流のタイプと言えます。

オードバルファンは5時間が持続時間の目安であり、香水の付け直しが出来ない時に有効であり、バルファンは半日程の持続性があるのですが、これはあまり浸透していない種類です。

こうした特徴を知った上で香水選択すれば、納得出来る使い方が可能になります。


関連記事